×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


冬将軍到来
『冬将軍到来』
――この絵のスキャニングには苦労した。後ろの冬将軍の色合いが上手に再現できないんだ。
まる「その真ん中のライオンは、気合いを入れて描きました! ライオンだと将軍という感じするじゃないですか。氷の将軍。」
――この冬将軍って、ライオンかあ。ライオンね。
まる「だから雪だるま達の頭にも、ライオンのたてがみのように葉っぱを刺してあるでしょ。」
――あ、そうか! その葉っぱなんだ。色えんぴつで塗っている時間が長いと思うけど、手は動いていて頭は別のこと考えたりしない?
まる「うん、描きながら色んな物語を考えたりとか……テレビで好きな時代劇を見ながら、心の中でひとり突っ込みしたりとか。」

――お、時代劇の話が出たね。時代劇はお好きですか?
まる「鬼平犯科帳とか、初期の水戸黄門とか、初期の大岡越前とか、仕事人シリーズとか。中でも鬼平犯科帳の平蔵さま!」

――鬼平犯科帳は、やっぱ江戸家猫八でしょう。五鉄で鍋をつついてるシーンが、すごく多いじゃない。酒を呑みながら。あれがいい。
まる「池波正太郎さんですからね。原作のほうも好きですよ。渋い。泣く。」

――なんだか関係ない話になってしまった……「将軍」だからいいのか(笑)